TOP > 取扱商品

【ご予約】LPS バイタル クリーム HDステージ

 現在 通常通り、即日発送の体制となっております。ご注文をお待ちしております。

LPSクリーム販売再開 および 予約販売継続 の お知らせ

Since  2008
販売 8周年 を迎える

LPSクリーム の パイオニア(PIONEER)

とかち美白研究所 より
  LPSクリーム の 販売再開 および 予約販売継続 の お知らせ

一部マスコミの報道により
2008年より販売、好評を得ておりました
当研究所 の

LPS バイタル クリーム HDステージ

は、購入希望が殺到し 一時在庫が 0 となっておりました。

急遽、製造工場と協議し、
増産体制に入り、商品が到着し

販売の再開が可能になりました。

当研究所は2001年の開所以来、
小規模ながら全国47都道府県全てに顧客を有する
ドクターズコスメの全国ブランドとなっております。
http://www.tokachi-derma.com/content/ 参照)

また、最近では 高級コスメ分野にも取り組んでおります。
http://switch-on.jpn.com 参照)

現在、
LPS バイタル クリーム HDステージ
のお問い合わせが相次ぎ、業務に影響が及んでおります。

そのため、LPSクリーム につきましては、

引き続き 本ページにて
発送予約を事前に頂き、順次、商品を発送させていただきます。

発送体制は強化しておりますが、

注文状況により 出荷まで 数日〜最大1週間 のお時間をいただくことがございます

のであらかじめご了承いただければ幸いです。

LPSクリームをご購入された多くの会員様からも 追加のご注文を多数いただき、
大変感謝しております。
すでに 当研究所 より LPSクリームを購入され 追加のご注文をご希望の会員様は
以下(*)に お電話 あるいは ファックス いただければ 優先的に発送させていただきます。

FAXのご注文書はこちら

誠に申し訳ございませんが、
ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。

とかち美白研究所 所長 大石雅樹 拝

(*) 電話:(0155)30−1249
(なかなか通じない場合がございます。あらかじめご了承下さい。)
月・火・木・金 午前9時〜午後1時・午後2時半〜午後6時
水・土 午前9時〜午後1時 のみ
日曜・祝日は お休みです。
ファックス:(0155)30−5633(24時間受付)

【ご予約】LPS バイタル クリーム HDステージ
商品名 【ご予約】LPS バイタル クリーム HDステージ
内容量 50  ml
販売価格 2,980円(税込)
購入数
予約商品以外もご購入の方
オプションの価格詳細はコチラ

上記、特定商取引法に基づく表記、また通信販売規約に同意・ご了承頂けた方のみご購入下さい。

ご注文後のメールが届かない携帯メールアドレスのお客様が増えております。
必ず迷惑メール設定などを確認した上でご注文お願いします。
詳細はこちらをご覧下さい。

この商品を友達に教える
買い物を続ける

商品説明

リニューアル新発売!3,760本突破!

安全・安心 無香料
食物由来機能性糖脂質: IP-PA1 1.5%配合 保湿クリーム

購入者の85%を超える高リピート率を誇る全身保湿クリーム LPSクリームの高濃度タイプをリニューアル新発売いたしました。
LPSクリームは、平成20年5月の発売以来、敏感肌やアトピー性皮膚炎など、お肌の乾燥トラブルにお悩みの会員様に大変愛されておりました。

現在、ステロイド外用剤や保険適応の保湿剤を使用せず、LPSクリームのみでコントロールされている会員様も数多くいらっしゃいます。
販売後、所長はクリームを改良すべく、独自に試験・研究を行っておりましたが、この度主成分LPSの高濃度型の開発に成功いたしました。
主成分LPS(IP-PA1)を50%増量の1.5%とHigh Dose仕様とし、価格据置!!  新たな HD STAGE への飛躍です!

 

製品解説

従来型の保湿成分として
人の皮膚の細胞間脂質と同じ組成を有し、皮膚の保護バリアー機能を改善し、敏感肌や乾燥肌の改善に役立つセラミド(SK-influx)
微生物発酵精製で生産され、1gで6リットルの水分を保持する優れた保湿力を有するヒアルロン酸
新たな保湿成分として
当研究所のCoQクリーム、VC-Eローション、美容液に配合、ヒアルロン酸を上回る保湿力が実証済み新保湿成分リピジュアを配合

第107回日本皮膚科学会総会でも取り上げられ、アトピー性皮膚炎にもエビデンス(根拠)を有する、
食物(小麦#発酵抽出物)由来のLPS( lipopolysaccharide:糖脂質 )である
#小麦アレルゲンは含まないため、小麦アレルギーの方でも安心してご使用いただくことができます。
また、『茶のしずく石鹸』で問題となった成分(グルパール19S)とは全くの別成分ですのでご安心下さい。

安全・安心な機能性糖脂質 IP-PA1( Immuno potentiator from P. agglomerans 1)を新たに 1.5% と50%増量配合した

フェイスを含めた 全身スキンケア クリーム

本製品は、お互いに相性の良い成分を配合することにより、それぞれの特性を最大限に生かした

安全・安心、全身スキンケア用クリームの本命

保険適応のある保湿剤では、これまで得られなかったスキンケアが可能となりました。
最新皮膚科学の粋を集めた本製品は、スキンケアを新たなステージへと導きます!

使用方法等について

(1)
保湿クリームとして、朝夜の1日2回、洗顔後や入浴後、適量を手のひらに取り、両手で伸ばし、乾燥した皮膚全体になじませて下さい。
(2)
使用後は直射日光を避け、冷暗所で保存して下さい。開封後は3ヶ月以内に使い切って下さい。
(通常のコスメと同様に化粧台や洗面台の上での保存でも大丈夫です。)
(3)
冬と夏で使用法に大きな差はありません。本製品は油溶性でクリームタイプのため、保湿力に大変優れるため、肌が乾燥する冬の方が使い勝手が良い場合があります。
夜寝る前や、外出の前にお使いいただくのが効果的です。
(4)
レチノールやビタミンCなど、ほかのコスメと一緒にご使用になるのは問題ありません。
併用すると肌本来が持つ皮膚の保護バリアー機能が高まるため、コスメの能力を高めることができます。
(5)
当研究所のローション・美容液を使用される場合は、ローション、美容液の順でご使用になり、その後、本クリームをつけると、いずれもよく浸透し良好な効果を得ることが出来ます。
(6)
当研究所のCoQクリームを使用される場合は、CoQクリームのご使用後、本クリームをつけると、更なる保湿効果が期待できます。

(*)肌に水分や保湿成分を補給するのが化粧水(ローション)の主な役割です。
(*)肌の修復と活性化を重視するのが美容液の主な役割です。
(*)肌の保護を重視するのがクリームの主な役割です。

全成分

水、グリセリン、BG、ミリスチン酸オクチルドデシル、ステアリン酸エチルヘキシル、ペヘニルアルコール、スクワラン、オレンジラフィー油、水添レシチン、ヒドロキシステアリン酸コレステリル、セラミド1、ジメチコン、グリチルリチン酸2K、キサンタンガム、ポリクオタニウム-51、ヒアルロン酸Na、ラウロイル乳酸Na、小麦発酵抽出物、セラミド3、オウゴンエキス、コレステロール、、セラミド6供▲侫トスフィンゴシン、カルボマー、フェノキシエタノール

成分についての解説

食物(小麦#発酵抽出物)由来の 機能性糖脂質 : IP−PA1 について

(1)
LPS(lipopolysaccharide:糖脂質)は糖鎖が脂質に結合したもので、グラム陰性菌細胞壁の外膜の構成成分のひとつです。脳や食品中の成分としても存在します。
(2)
小麦に共生するグラム陰性菌パントエア・アグロメランスの細胞壁から得られるLPSは、「IP−PA1:Immuno potentiator from Pantoea agglomerans 1」と名付けられ、自然免疫と呼ばれる、動物が持つ普遍的な生体防御機能の中で、重要な役割を果たしていることが解明されてきました。
(3)
グラム陰性菌パントエア・アグロメランスは、小麦、果物、じゃがいもなど食用植物に付着、共生している細菌で、人類が太古から体内に取り入れてきた良性菌です。
(4)
このパントエア・アグロメランス由来のIP−PA1は、自然免疫の中心的細胞であるマクロファージを活性化することにより、免疫力を賦活し、生物本来が持つ生体恒常性維持能力を高める機能があります。
( マクロファージを適切に活性化する物質は、生物において、病気を予防し、病気からの回復を促す可能性があります。 )
(5)
IP−PA1は、ヒトの代謝症候群(生活習慣病)を予防・改善するための機能性食品、感染防御が重要な課題である畜産・水産養殖動物の飼料、皮膚を健全な状態に保つスキンケア用品など、様々な分野での応用が考えられてきました。
(6)
IP−PA1は、アトピー性皮膚炎に対してエビデンス(根拠)を有します。
参考文献[ 河内千恵 他、New Food Industry 40、19〜27(2006)]
  • ヒトや動物疾患モデルによる研究では、IP−PA1添加クリームの外用により、重度の熱傷や床ずれの創傷治癒が早まることや、アトピー性皮膚炎の改善が示されました。
  • 100名のアトピー性皮膚炎患者を対象にした、IP−PA1配合水溶性クリームの2週間の使用前後の調査では、有意差をもって症状の軽減効果が示されました。特に乾燥しやすい指先、足、腹部、腰部で高い症状の改善がみられたことが大きな特長です。
  • IP−PA1がステロイドや抗炎症剤のような薬と比べて決定的に違う点は、作用原理がマクロファージの活性化、生物が本来持っている生体恒常性維持能力の活性化にあり、皮膚トラブルの予防・改善のために、副作用なく日常的に使えるという点です。
  • これらの成果や最新の知見については、第107回日本皮膚科学会総会で開催されたセミナー『保湿ケア原料の最先端』でも発表されています。
(7)
とかち美白研究所では、IP−PA1の開発・製造に永年携わってきた 自然免疫応用技研 株式会社 の協力を得て、ドクターズコスメ分野では、IP−PA1初配合となる新製品 を開発いたしました。
(8)
本製品は、様々な努力によりコスト低減を図り、低価格で提供することが可能となりました。
(9)
種々の安全性試験(*)をクリアしたIP−PA1を含む本製品は、
アトピー性皮膚炎ドライスキンにお悩みの方ばかりでなく、日常の手荒れや乾燥対策など日常のフェイスを含めた全身スキンケアクリームとして、安心してお使いいただけます。
(*)[安全性について]
  • ラットにおける2週間反復経口投与毒性試験、皮内投与毒性試験(株式会社富士バイオメディックス)により、IP−PA1に毒性がないことが確認されています。
  • アレルゲンとしての小麦タンパク質のELIZA試験(財団法人日本食品分析センター)では、該当タンパク質が検出限界(2μg/g)以下であることが確認され、小麦アレルゲンは含まないため、小麦アレルギーの方でも安心してご使用いただくことが可能です。
(10)
本製品はIP−PA1を従来品の1%配合と比べ50%増量の1.5%配合しております。

セラミド(SK-influx) について

(1)
人の皮膚の細胞間脂質と同じ組成を有し、皮膚の保護バリアー機能を改善します。
(2)
他の保湿剤と配合することにより、製品の保湿効果や皮膚保護効果をより高め、老化した皮膚、敏感肌や乾燥肌の改善に役立ちます。
(3)
本製品はセラミドを 0.2%(セラミドコンプレックスとして)配合しております。につけると、どちらもよく浸透し良好な効果を得ることが出来ます。

新保湿成分 リピジュア について

(1)
細胞膜を構成するリン脂質というものを多数結合させて作った高分子のポリマーです。
(2)
水にも油にもなじむので、化粧品中の界面活性剤を減らすことができ、肌を水洗いしても角質層の中に残って保湿することができます。その保湿効果はヒアルロン酸以上です。
(3)
既に、当研究所発売のCoQクリーム、VC-Eローション、美容液に用いられ、ヒアルロン酸を上回る保湿力が実証済みです。
(3)
本製品はリピジュアを1%配合しております。

ヒアルロン酸 について

(1)
皮膚の真皮などにあり、水分保持能力の主役である成分です。
(2)
1グラムで6リットルの水分を保持することができる、いわばスポンジのようなもので、優れた保湿力を有します。
(3)
皮膚に適量を塗ることにより、お肌に十分なしっとり感、なめらか感を与え、肌荒れ、乾燥によるシワを予防することができます。
(4)
微生物発酵精製で生産されているため、BSE等の感染性病原体を排除でき、安心してお使いいただくことができます。
(5)
本製品は ヒアルロン酸Na として、0.03% 配合しております。

IP−PA1のスキンケア効果発現メカニズム

IP−PA1の保湿効果には化学構造が関与すると考えられます。

(1)
IP−PA1は、リピドAとよばれる イ)親油性の脂質部分 と ロ)親水性の多糖 からなる  両親媒性物質です。
(2)
水溶性基剤に配合して皮膚に塗布すると、イ)親油性の脂質部分 が皮膚になじみ、一方、 ロ)親水性の多糖 が水分を保持 することで、皮膚を乾燥から防ぎます。
(3)
アトピー性皮膚炎の改善効果は、マクロファージ介在性のメカニズムが考えられます。

IP−PA1がステロイドや抗炎症剤のような薬と比べて決定的に違う点は、作用原理がマクロファージの活性化、生物が本来持っている生体恒常性維持能力の活性化にあり、皮膚トラブルの予防・改善のために、副作用なく日常的に使えるという点です。

(1)
近年のアレルギー疾患の増加には、衛生状態の改善が関与しているのではないかとする考えがあり、『衛生仮説』と呼ばれます。
(2)
これを説明できる1つの可能性として『Th1/Th2 バランスのシフト』が考えられます。
(3)
獲得免疫系細胞であるT細胞は、サイトカイン産生様式の違いによりTh1型Th2型に分類されます。
(4)
Th1型免疫応答で産生されるサイトカインは、インタ−フェロンγやインターロイキン-12(IL-12)などであり、これらはマクロファージやナチュラルキラー細胞、細胞傷害性T細胞の活性化を誘導します。
(5)
Th2型免疫応答で産生されるサイトカインは、IL-4やIL-10などのサイトカインが産生され、アレルギー反応の中心的な役割を果たす ヒスタミンを産生する マスト細胞 や、抗体を産生する B細胞 の 成熟 を促します。
(6)
アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患では、マスト細胞 や B細胞 が 活性化している状態 にあり、 免疫系がTh2型に偏っている と考えられています。
(7)
IP-PA1の刺激により マクロファージから誘導されるIL-12やTNFは、Th1型免疫応答を誘導 できます。
(8)
IP−PA1 による、適度なマクロファージの活性化によるTh1型サイトカインの産生 は、Th2型へと傾いた免疫反応 を、Th1型へとシフトすることでアレルギーの改善につながることが予測されます。

IP-PA1のアトピー性皮膚炎の改善効果は、IP-PA1が適度にマクロファージを活性化し、
Th2型に傾いていた免疫系がTh1型へと免疫系がシフトすることによって誘導されると考えられます。
マクロファージの活性化機能を日常的に皮膚に適用した場合、以下のようなメリットが予想されます。

(1)
新陳代謝機能の向上により、シミやニキビ跡の色素沈着の予防、皮膚に張りとつやを与えるといった老化防止につながります。
(2)
創傷治癒機能の向上により、髭剃り時の切り傷や水仕事での手荒れ、やけど、とこずれ等が早く治ることにつながります。
(3)
感染防御能の向上により、細菌性の毛包炎・ニキビの予防につながります。
(4)
免疫の調節効果により、アトピー性皮膚炎のケアや、あせもや湿疹などのケアにもつながります。

さらにIP-PA1の構造的な点に着目すると以下のようなメリットがあります。

(5)
平均分子量が5000で、小さい分子である。従って皮膚表面から適度に吸収が起こると考えられます。
(6)
親油性の脂質部分と、親水性の糖鎖部分からなる両親媒性です。そのため、皮膚上に塗布すると、親油性の側が皮膚上の皮脂になじみ、一部は皮膚内部に吸収されてマクロファージ活性化に働きつつも、皮膚表面では、おだやかな水分保持に働きます。

商品一覧

オリジナルビタミンCローション (VC5 プラス エクストラ バイタル ローション )

オリジナルビタミンCローション (VC5 プラス エクストラ バイタル ローション )

累計販売51,650本突破!新開発、新規安定型ビタミンC誘導体/保湿性ビタミンC 2%と通常型ビタミンC誘導体』3%と合わせて絶妙なバランスでミックス。美白・保湿・シワ修復機能がパワーアップ!しっとりとした感触がよりお肌に優しいローションです。

botann
VC-E プラス LPS ローション

VC-E プラス LPS ローション

累計販売16,200本突破! あのVC-Eローションがリニューアル!世界初!ビタミンC誘導体APPS と その素晴らしさがマスコミで大きく取り上げられた 機能性糖脂質LPS が 本格的に融合!肌荒れを防ぎ、皮膚の柔軟性を保つ LPS が VC-Eローションを異次元の高みに到達させました!既存の成分はそのままに、ビタミンC誘導体APPS、水溶性ビタミンE、W保湿成分アイセニアヴェール、米国審査機関FDAが認めたAC-11も贅沢に配合!お肌にはり、ツヤを与え、『すこやかなうるおい肌の完成』が可能になりました。

botann
APPSプラスE バイタル エッセンス LPS ステージ<美容液>

APPSプラスE バイタル エッセンス LPS ステージ<美容液>

累計販売16,200本突破!あの新美容液がリニューアル!世界初!ビタミンC誘導体APPS と その素晴らしさがマスコミで大きく取り上げられた 機能性糖脂質 LPS が 本格的に融合!肌荒れを防ぎ、皮膚の柔軟性を保つ LPS が プロテオグリカン(PG)1%配合 新美容液 を、異次元の高みに到達させました!既存の成分はそのままに、ビタミンC誘導体APPS、水溶性ビタミンE、フラーレン、ダーマホワイトも贅沢に配合!お肌にはり、ツヤを与え、『 すこやかなうるおい肌の完成 』が可能になりました。

botann
コキューF バイタル クリーム サード GO -ステージ- <保湿クリーム>

コキューF バイタル クリーム サード GO -ステージ- <保湿クリーム>

累計販売11,150個突破!新美白成分ギガホワイト5%と新型VC誘導体GO-VCを追加配合。抗酸化成分CoQ10、脂溶性ビタミンC誘導体VCIP、新保湿成分のリピジュア、ヒアルロン酸に加え、美白効果・抗酸化成分フラーレンを配合した美白クリーム

botann
LPS バイタル クリーム HDステージ

LPS バイタル クリーム HDステージ

累計販売3,760本突破!セラミド、ヒアルロン酸、新保湿成分リピジュアを配合!安全・安心 無香料、第107回日本皮膚科学会総会でも取り上げられた食物由来機能性糖脂質: IP-PA1を50%増量の1.5%も配合した保湿クリーム

botann
UVケアクリームとかち(日焼け止め) (SPF30 PA++)

UVケアクリームとかち(日焼け止め) (SPF30 PA++)

累計販売2,680本突破!紫外線・赤外線ダブルブロック、伸びの良いクリームタイプの日焼け止め、油溶性ビタミンC誘導体VCIPをはじめ、各成分を最適な『UV ケア』のために配合。もう『日焼け止め選び』で迷う必要はなくなりました。

botann
たっぷりヒアルロンエッセンス<美容液>

たっぷりヒアルロンエッセンス<美容液>

累計販売数6,350本!お肌に十分なしっとり感、なめらか感を与え、肌荒れ、乾燥によるシワを予防、保湿対策にお悩みの方にも、自信を持ってお勧めできる保湿系美容液

botann

コンセプト

当研究所がオリジナルに開発した各商品は全国47都道府県全てに出荷を達成し会員数は8,328人、全国ブランドへと成長をし続けております。
また関西の人気雑誌『リシェ』や各メディアでも掲載されています。

各商品累計販売実績

『保湿が楽になり、ニキビが改善しました。』
『2万円で購入していた美容液は何だったんでしょうか?
今ではビタミンCローションとヒアルロンエッセンスだけのシンプルケアで大変満足しています。』
『小じわが目立たなくなってきました。』
『シミが 薄くなってきています。娘も私の効果を見て使いだしました。』など多くの嬉しい反響を頂いております。

院長は、出身校である札幌医科大学皮膚科ならびに大学院にて、色素細胞の研究に携わっておりました。その経験を生かし、国内外の皮膚科学研究の進歩を踏まえたうえで、シミやニキビなどの治療について、これまでは、保険の範囲内で患者の皆様の要望に応える努力をしてまいりました。
近年、肌の美白や老化に対する研究や治療水準の向上は目覚ましく、美白や老化に対する科学的根拠に基づいた成果を、皮膚科医の立場で冷静に見つめ、実際の治療にフィードバックして行くための研究所であります。
マスメディアで喧伝される、高価で治療効果に疑問がある治療や情報に惑わされることなく、適正な価格で科学的根拠に基づいた治療を提供していくことが、『とかち美白研究所』の使命と考えております。

――皮膚科医の眼で 肌の美白と老化に取り組む――
とかち皮膚科 院長 ・ とかち美白研究所 所長
大石 雅樹

トップへ戻る