カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
累計販売13,550個突破!ギガホワイト5%と新型VC誘導体GO-VCを追加配合。CoQ10、脂溶性ビタミンC誘導体VCIP、新保湿成分のリピジュア、ヒアルロン酸に加え、フラーレンを配合したクリーム
コキューF バイタル クリーム サード GO -ステージ- <保湿クリーム>
内容量:50g
4,400円(税込)
購入数

期間限定特別価格
コキューF バイタル クリーム サード GO -ステージ- <保湿クリーム>
内容量:50g
4,400円(税込)

商品説明

13,550個の販売を記録した、保湿クリームが更にパワーアップして新登場!

アルプス植物由来の新成分 ギガホワイト 5% に
新型VC誘導体GO−VCを新配合したクリームが誕生しました!!

美しく年齢を重ねたい方へ
最近注目を浴びている CoQ10
明るい肌を演出する成分として
ギガホワイト
脂溶性ビタミンC誘導体VCIPに加え
新型ビタミンC誘導体GO−VCを新配合
保湿成分として
新保湿成分リピジュア、ヒアルロン酸を配合の上、日本が誇るナノテク技術から生まれた 新たな明るい肌を演出・美しく年齢を重ねたい方へフラーレン

上記を贅沢に、バランス良く配合した保湿クリームを販売することとなりました。

フラーレン は三菱商事の子会社『ビタミンC60バイオリサーチ』(http://www.vc60.com)が開発した、成分で、
同社の全面的な協力の元、ドクターズコスメのクリームとしては前製品は世界初の採用となった実績を誇ります。

本製品は 美しく年を重ねたい方への本命クリーム といっても過言ではありません。

使用期限

未開封:1年(冷暗所)  開封後:3か月(冷蔵保存)

使用方法

(1)
保湿クリームとして、朝夜の1日2回お使い下さい。CoQ10は2回の使用で効果の期待できる濃度となります。
(2)
使用後は冷蔵保存して下さい。開封後は3ヶ月以内に使い切って下さい。
(3)
冬と夏で使用法に大きな差はありません。本製品は油溶性でクリームタイプの ため、肌が乾燥する冬の方が使い勝手が良い場合があります。
また、日やけを防ぐ効果もありますので、夏も重点的にお使い下さい。
夜寝る前や、外出の前にお使いいただくのが効果的です。
(4)
レチノールやビタミンCなど、ほかのコスメと一緒にご使用になるのは問題ありません。
(5)
当研究所のオリジナルビタミンCローションを使用される場合は、ローション を先に肌に塗り、油溶性の本クリームを後につけると、どちらもよく浸透し良好な効果を得ることが出来ます。

全成分

水、グリセリン、スクワラン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、ステアリン酸PEG-40、ステアリン酸、ステアリン酸PEG-10、トリエチルヘキサノイン、カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸、ポリクオタニウム-61、PVP、フラーレン、マカデミアナッツ脂肪酸フィトルテリル、コメ胚芽油、ピーナッツ油、ジメチコン、エタノール、セイヨウサクラ、ソウエキス、セイヨウノコギリソウエキス、セイヨウハッカ葉エキス、ゼニアオイエキス、ハゴロモグサエキス、ベロニカオフィシナリスエキス、メリッサ葉エキス、ユビキノン、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、ステアリン酸グリセリル(SE)、ヒアルロン酸Na、セラミド3、BG、ポリグルタミン酸、メチルパラベン、フェノキシエタノール、プロピルパラベン

この商品を購入する

CONSEPT

当研究所がオリジナルに開発した各商品は全国47都道府県全てに出荷を達成し会員数は8,898人、全国ブランドへと成長をし続けております。
また関西の人気雑誌『リシェ』や各メディアでも掲載されています。

各商品累計販売実績

  • 『オリジナルビタミンCローション』 累計販売54,200本
  • 『たっぷりヒアルロンエッセンス』は 累計販売6,900本
  • 美白クリーム『CoQ- F VITAL CREAM THIRD GO STAGE』 累計販売13,550本
  • 新美白系美容液『APPS-PLUS-E VITAL ESSENCE』 累計販売20,800本
  • UVケアクリームとかち(日焼け止め) (SPF30 PA++) 累計販売3,780本
  • 新型ローション、『VC-E PLUS LPS LOTION』 累計販売20,800本
  • 保湿クリーム『LPS - VITAL CREAM HD STAGE』 累計販売6,900本

MESSAGE

院長は、出身校である札幌医科大学皮膚科ならびに大学院にて、色素細胞の研究に携わっておりました。その経験を生かし、国内外の皮膚科学研究の進歩を踏まえたうえで、シミやニキビなどの治療について、これまでは、保険の範囲内で患者の皆様の要望に応える努力をしてまいりました。
近年、肌の美白や老化に対する研究や治療水準の向上は目覚ましく、美白や老化に対する科学的根拠に基づいた成果を、皮膚科医の立場で冷静に見つめ、実際の治療にフィードバックして行くための研究所であります。
マスメディアで喧伝される、高価で治療効果に疑問がある治療や情報に惑わされることなく、適正な価格で科学的根拠に基づいた治療を提供していくことが、『とかち美白研究所』の使命と考えております。

――皮膚科医の眼で 肌の美白と老化に取り組む――
とかち皮膚科 院長 ・ とかち美白研究所 所長
大石 雅樹